スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お出かけライブ 

どもっす~!

今のお部屋、仮住まい?と言いながら、この調子だと結構長く居る事になるかな~。

1人で住むにはちょっと広め。2人で住むには狭い、という感じのところで、
ワンコと遊ぶスペースも今迄より狭いわけですが。

それもあって、東京時代よりずーーっと頻繁に散歩に行くようにしてるのよね。

おうちの中ではおもちゃで遊びます。

プウプウ音のなるパンダを買ってきたぞい!



2008.9.15こゆき&パンダ


ノブさんと取り合いながら遊びます。

結局小雪さんが勝つんだけどねw

2008.9.15ノブ&小雪


そうそう、近所のお肉屋さんに、かわいいワンコが居るの!


2008.9.17肉屋ワンコ

看板犬?!みたく、いつも2匹仲良く店番しています。



////////////////////////////

昨日は高校の同級生、仲良しきょんちゃんとライブを見に行ったよん。

きょんちゃんのJAZZピアノの先生、ナカニシさんのボサノヴァライブです。


昼はなおちゃん美容院。前髪チョキチョキしてもらった。
夕方からきょんちんと合流。
なおのブーツゲットに付き合ってもらいましてw
おばあさんちに置きっぱなしの荷物の中にあるブーツは、取りに行くのが大変だな~と思って困っていたのだ。
とりあえずスタンダードなブーツをひとつ、買いました。
これでしばらく助かるワン。

そうそう、腕(肩)ですが、結構な回復ぶりです。
三角巾はもうイラナイゼ~!
腕が上がる高さがグングンと伸びてきております。
どーよ、このすばらしい回復力!




さて、ライブ前のゴハンは・・・・。
流れ川へGOGO~。

おいしそうなお魚がいっぱいいるお店。
キャ~~ン。 泳いでる~。
そこで、「活はげ刺」というメニューに食いついたきょんちん。
「かわはぎ大好きなんよね~!!」って。
ハゲはかわはぎとも言う。かわはぎはハゲとも言う。
時価らしく、3,000~ って書いてある。
聞くと今日は4,000円らしい。 ほーーー。

どーする? 頼んじゃう?
ふっふっふ。

で、注文した。


2008.9.23活はげ刺身

美味しかった!!



ただ・・・・後から2人の共通意見として出た。
「盛り付けがねぇ~・・・あれはナイな」ってこと。

お刺身がベターーーっと畳のように並んでるから、せっかく生きてた美味しそうなソレが、なんだか生き生きしてなく見えるのよ~。
肝とか、皮とかが端っこに置きすぎてよくわからない。端だから氷の上に直接置くので水っぽく?なってる感じが・・・。

ま、美味しかったんだからいいんだけどさ。
もちょっと盛り付けがよかったらもっと目にも贅沢な気持ちだったかなとw

そのあとはアラを使ってお汁にしてくれました。



さて、ライブですが。
はじめはギターの人とボーカルだけで演奏。
ブラジルから里帰り中だそうな、ボーカルの女性。ゆえに日本人ですけどねw
なんやら弦の多いギター。ポロリンポロリン。
お洒落気分~


そしてピアノが加わって~。
ピアニカも吹くのね、ナカニシさん♪

大人なボサノヴァの夜・・・
な~んて!
なかなか聞けないジャンルだったので、新鮮でした!わいわ~い!
スポンサーサイト

続)いたたたたた! で、初のMRI体験! 

昨日一日、痛さは変わらず、
「骨は折れてないから、徐々に痛くなくなりますよ。打ち身みたいなものでしょうから」なんて言われてたけど、オイオイ、ほんとか~?

自分では「絶対、肉が。肉が切れてる感じダシ。そんな気がするし!」
と思っていたのだ。

夜も痛さで眠れず・・。
起きたらなんか「昨日より痛さがシャープなんすけど!」

とりあえず救急で診たので、痛いのが続いたらまた来てみてくださいと言われたし。
朝、歩くのも響くけどあまりの痛さに、どーにかしてもらうべく!病院へ行ってみた。


腕を触られて「ここ痛い?」「こうするとどう?」なんてやられようものなら
「ああああああアッ!!じぇんじぇぃ!!(先生)!イタイッ」
「うごっ。無理ッス!イタイィィ痛いって!!うぐぐ」

「レントゲンだと筋の状況がわからないから、MRIを撮ってみましょう。」
午後に予約してもらい、出直して来た。

初、「MRI」です。
すごいよ。なんか最新ぽいらしく、・・・思ったよりカプセルぽくない。
前面がとても開いているのが特徴らしい。

おもむろに音楽がかかり、約40分ですと言われた撮影が始まる。
「右手は絶対動かさないでください」
「気持ちわるくなったら声聞こえてますから言ってください」と言われて緊張。
やはり密封感がある。
結構大きな磁気音が「ゴゴゴゴゴゴゴゴ」「ゴウ。・・・・ゴウ・・・・。」と聞こえ、偽クラシック(?)と重なってへんな気分。
それでもやっぱり暇なもので、目を開けてたらすぐ上にある天井が迫ってくるようで怖い。目を閉じる。
いつの間にかウトウト・・・。右手がピク! おっとイカンイカン。
この繰り返しで無事終了。


診察の結果。
二の腕が超イタイのに、なぜか肩の筋が1本切れていたようだった。
腕を上げるための筋。
納得。確かに腕はまっすぐに垂らしてると痛いし、腕を上げようとしてもまた痛い。
肩の筋が切れてるせいで二の腕が痛いのだそうだ。
見ると、二の腕の断面写真は何も問題がナイようで。
不思議だ。こんなにココが痛いのにねえ。


スポーツしてます?「いいえ」
仕事してます?「いいえ」
「早急完治の必要が迫られてない方には、様子を見ながら徐々に痛みが引くのを待つという方向をお勧めします。」
「痛くなくなるのを待つ・・・だけ・・・ですか?」
「まぁそうですね。痛み止めを飲んで。無理をせず、薬を塗ったり貼ったりしてもらって、来週また診せてもらいますので。」
「わかりました。我慢しながらがんばります」

という結果でごんした。
スジって・・・・そうこうしてたらつながるのかな~。
でもさ、やっぱ切れてるんだから、イタイもんはイタイのじゃ。
ずっと眉間にシワが寄ってるなおちゃんです。
いろんなとこに力が入って、ロボットなおちゃんみたいじゃ。

ガキンコキン。

ウゴゴゴゴゴ・・・・。

誰か~~~。油を差してクレ~~!
クレ556じゃ。

こうなったら気合で治してやるじぇぃ。
でもやっぱりショボン。


痛さに 相当 ヨワイ なおちん

だって おんなのこ だもーん!

連続イタイ話でした。


明日からは、片腕で器用に過ごすなおちゃんとしての報告をしたいものですにゃー!

いたたたたたたた!! 

昨夜、エライこっちゃやってしまいました。

要は転倒ですけどねw

2日ほど義母様が旅行で留守。
「父さんのゴハン、よろしくね。」と言われていたので、出先から帰って17時すぎ、4階のなおのお部屋から出てアタフタと2階のキッチンへ向かおうとした。

4階部屋のドアから引いてる電気コード。これは屋上でBBQをしたときにライトをつけるために引っ張ったものだ。
いつもこれ危ないな、とは思っていたのに・・・・。

玄関からドアを閉め、廊下に出て2歩目。右のサンダルのかかとがコードに引っかかった。
「あ。」と思ったときはもう右足の着地しかない体勢。なのに右足は来ない。

結構な勢いで顔から突っ込みそう!
両手を前に! 出した! つもりが、やや遅かったのか?

右手だけ間に合ったようで、しかもまだ前にまっすぐ(腕立て伏せのように?)は出てない状態で付いた! 
「うがっ!!」
右手一本に全体重がかかって、一瞬、右肩があごに刺さったかと思うくらいググっと入ってきた。
そして、ああ、右手が。ひじが・・・なんか・・・曲がったかも・・・。

そんなことを思ってるときはもうコンクリートの床に倒れて、おなかからの息が止まってるような、でも「ううううううううううううう」
「・・・・・だ、・・・・・だれかぁぁぁぁぁ・・・・」ああああ。
廊下にあったダンボールなんかにあたったのか結構大きな音がしたんだけど、たまたま部屋に居る旦那様とはドアはあるものの、たった2メートルくらいの距離のはず。

とにかく激痛。
手のひらを付いたはずなのに、手首じゃなくて二の腕だけが痛い。手のひらは握力が全くないような感じ。
左手で二の腕部分を押さえながら、起きれない。
そこでよぎった。
小学生の時、人生で一回だけ「骨にヒビ」が入ったときのこと。

ああ、あのときはひじと手首の間だったな。打ってすぐに寒気が来たもんだ。それより痛かったか?
 うーん。とにかく・・・なぜ転んだだけでこんなに痛い思いをしなきゃいかんのだ。うう・・・・。
・・・・・まさか折れてないよね・・・。


こんなとこで骨折ったとしたら、ああ、どうしよう。まずは恥ずかしい。その後は、お酒が飲めないだろうな。困る。ギブスしたらとてもとても不便な生活が始まるのだ。想像しただけでブルーだ。

とにかく早く・・・折れてないと誰か言ってくれ~。
それを聞いて安心したいのだー。

床を這ってドアノブを持ち、這い上がる。 入る。
旦那様がなおの痛がり様に驚く。
「ううううううううううううう・・・」知らない間に涙が出てくる。
転んですぐじゃないのに、どんどん痛くなるのはナゼじゃ!?

アタフタしながら旦那様がなおに状況を尋ね、涙ながらに訴えるなお。
それからタクシーで夜間診療を受けに。義父様も後から現れてくれた。
レントゲン撮影。
なんだか・・・こわい。折れてるような気もしてきた。ああ、どーしよ~。

すると、「骨は大丈夫みたいですよ。」
はぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・・。よかった・・・。 
だけど・・・・。それを聞いても痛いのは治らない。筋が。肉が・・・。
肉離れってこんなもんなのかなぁ・・。
ずーっと腕を伸ばせない。「三角巾しとかないとね」って、大人なのになんか・・・恥ずかしいなぁ・・・。



1日経ちましたが、まだまだカチンコチンの状態で動いていますよ。
ぶっちゃけ・・・。お手洗いに四苦八苦・・・。
お風呂も・・・すごい体勢でなんとか乗り越えた。 
不便だ。 右手1本、折れてなくてもこんなに大変なんだな。
とすると、もし折れてたら・・・もっともっと大変だったんだな。
ゾワーーーー。コワッ。
そうそう、ちょうど旦那様が居たときでよかったってのもある。
一人だとまず電話も打てない、歩くと響くってので、自分で動けるようになるまでに、かなり放置時間があっただろうしな。
不幸中のワイワイだった。サイワイね。


パソコンの文字を打つのは以外と楽。手のひらを置いて、指だけだもんねw
携帯はちょっとツライ。 使ってる筋肉が微妙に違うんだろうな。

犬を抱っこできないので、散歩も行けなかった・・。
いつもは4階から2匹を両脇に抱えて、階段を降りるという高等な動きをしているのだがねw
リードは片手で2本持てるので大丈夫だと思うんだけど、やっぱり何かの時は両手を使うもんだしねぇ。



という、昨日からの、なおちゃんの、痛いだけの、話でゴンした。
痛くて泣いたのは結構久々だ。
子供のころを思い出したね。ははは。
しばらくヘンテコな動きとヘンテコな体勢で、真っ白の三角巾君と仲良く過ごすことになりそうでごじゃる。

改めて、痛くない生活というのは、ありがたいものなんだな。
治ったら、自分に感謝しよう・・・。

びびびびび! 

棚の下にエサが入っちゃったりすると、ノブと小雪が一粒でもクンクン。見逃さない。
でも棚の下。 体を横に寝かせて、全然届いてなくても短い手をガリガリガリガリ。
横向きで穴を掘っているかのようなポーズ。必死であります。

もちろんなおが手の届く範囲や、物を使って取れるとこなら取ってあげる。
でも今回の位置はかなり難しく、棚自体を動かさないとなぁ。と思いつつほっておいたのだ。


その棚の横は作業机みたくしてあって、そこには旦那様の仕事道具であるファイバーな機器が並んでおる。
ゆえに、どれがどの線ですか?ってくらい、周囲のコンセントも大人気。イッパイイッパイなのであ~る。



よくまぁ足がひっかからないなぁと思いながら、その狭い範囲にエサを求めて穴掘りに行く2匹を見ていた。するといきなりノブが
「ギャオンッ!!」 
体をビビビ!!とふるわせて飛びのいた。

何何?どうした? ノブは警戒ポーズで棚の奥を見つめている。

何かいるのか?虫とか?やだやだ! と思いながら恐る恐るノブの見てる方向へ目をやる。
小雪はこんなときノブの後ろからチラチラ見るくらい。
うーん。何もないな。
でもとっても「痛そう」な泣き声だった。


コードを見ると・・・あ。これ?! ていうかオイ!!!

2008.9.08コード2本



コード! いつの間に!!噛んだなぁぁぁぁぁ!!

やられた・・・。
あ、そうか。もしかしてこれ、電気が出たとか?
抜かなきゃ危ない。でも勝手に抜いて旦那様のお仕事状況が振り出しに戻ったらどうしよ。
旦那様を呼んできた。



「ああ、これ、抜いていいよ。」
えと、どの線だ?「わお!!危ない!」

バチバチバチ!! ひ、光ってる・・・。バチバチ光ってるって!
早く抜かなきゃ!! ひぃ~~~。

無事に電源はOFFになったのだが、よく見ると音響の機器に繋いでるコードも途中で切れてる。

2008.9.08コード2本


ノブを見ると「キュ~~ン・・・(反省ポーズ)」おまえか?
小雪を見ると「キュゥゥ~~(お手をしておる)」おまえがやったのか?!!
要は2匹とも「なんか怒られそう?」と思っているようだ。

でもなぁ。現場を押さえてないので怒れないなぁ。
今までコードは噛んじゃいけないと判らせて来たので、やられたのはガッカリだが。
ノブが感電して大変なことにならなくてよかったということにしよう。

あ、いや、一瞬、感電・・・したみたいだけど・・・


とにかく「ヤバイことやっちった??」とは思っているであろう。

そうねぇ。でも・・・・
「ビビビッ」と来るようなこと、(危ないヤツじゃなくて)あったら楽しいもんだよねぇ

ビビビ、来~い! 迎え撃つぞぉぉ~!


今日もまったりと京橋川をお散歩。

しゃれたカフェもあったりするのだ。
寄りたい気はあるけど、やっぱり2匹を連れて素通りw

2008.9.08散歩橋


座ってるお客さんに「かわいい~。白と黒だ~」なんてほめてもらったりしながら、やっぱり素通りなの~~



  

いぬのきもち!撮影の思い出・・・ 

懐かしい話ですが、、
東京にいたとき、「いぬのきもち」の撮影があったのは、前に書いたけども。


初めて信長と一緒に撮影に行ったあと、ベネッセのひとが覚えてくれていて、その後も撮影の話を下さったりして、やっぱりまた信長と行ったりしたんだ~w

こんな感じで♪

2008.9.09いぬのきもちノブ


2008.9.09いぬのきもち


2008.9.09 いぬのきもち信長


小雪はどうしても人慣れしていないので、スタッフの人に迷惑がかかりそうだし。
と思っていたら、犬用シャンプーの記事では「小雪ちゃんで」と依頼されて、「いよいよ小雪、雑誌デビュー!」
という事になり、なおんちで撮影したのよ。

なおが小雪を抱っこして、「ハイ~とってもいいシャンプーです~~」なんて話してる風な写真を撮りまして。
それが結構小雪ちゃん、うまい具合に写っていて意外と満足の出来でした。

んでもって
東京から引っ越すちょっと前に、またまた小雪と一緒に撮影することになったのよね。

ワコールの「クロスウォーカー」という、痩せる下着!
を履いて(履いてることになっている)犬の散歩をしてま~す!
とっても歩きやすいで~す。

みたいな撮影。

犬の散歩してますと共に、ワンコ施設の紹介も入るので、ドッグランで遊ぶなおと小雪。という撮影もある。

ほんとに履いて撮影していたら、もう汗だくでしたわ。。。
クロスウォーカー、恐るべし!!

その記事が載った「いぬのきもち」が届いた。
ああ。汗だくで頑張った思い出がよみがえるわ。


2008.9.09クロスウォーカー



見てみるとそんなにハァハァしてる感じではない。よかったよかった。
小雪もいつもより多めのかわいさが出ている仕上がり。
「小雪!小雪!こっち!小雪こっち見て!」と言いながら歩いているのも写真ではわからないもんだw
どう?どう? うっふっふ。


2008.9.09クロスウォーカー2






おしゃれワンコと痛いワンコ 

小雪さんは広島で初のトリミングに行って、ひまわりのお花の、かわいい飾りを耳につけてもらったのだ。

正面から見ると両方の耳にひまわりさんが揺れて、とってもおちゃめなキャラに見えていたのよ。

2008.9.02小雪飾り2



2008.9.02小雪飾り



首輪のとこにも黄色い麦わら帽子の飾りが・・・。

2008.9.02小雪首飾り


似合ってるね~。いいよいいよ。
そんな写真をとったあとすぐ、小雪さんが何かを噛み噛みしている。
 あああああ。
ひまわりが・・一個無い。 噛みんでいたのはその飾り。

早いよ。早すぎだよ。ちみぃ・・・。

夜にはもう一個の飾りも取れて、ゴムで縛った耳の毛がさみしく浮いておる。 
はぁ。
今度はもうちょっと頑丈にしてもらおうw


今日は注射の日で、2匹で病院へお出かけ。
ノブは病院で、爪も切ってあげましょうと言われたw

先生がなおに「こういう黒い爪は、切りすぎに注意なんですよ。」
(血管が見えないので切りすぎることがある。難しいのだ)
と言いながらチョキチョキ切っていく。

ノブは旦那様が飼い始めの時、爪を切るのを何度も失敗された経験があるので、未だに爪のお手入れは苦手・・・。(トラウマってヤツよね)
ちょと嫌がってるな~と思いながらみてたら
「キャイン!!!」

おお、そんなに嫌がらなくても・・・。と思ったら、先生が苦笑いをしながら脱脂綿を取った。ありゃ?
ノブの爪から出血っ!!
イタ・・・。イタイよ。見てるだけで。・・・・ていうか、先生、おいおい!!
「黒いから見えにくいのでね、このように・・・」と見せてくれてたのに、おいおい、どーなんだい?
なおもとりあえず「あああ。血、出てますよ。先生・・・あははは・・・・」
苦笑いするしかない。

ノブさんは困った顔でなおを見つめておった。

災難だったのう、信長くん。。

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 なおとグビーリ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。