スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペットの病院、なおも病院?! 

小雪さん、ついこないだ発情期が終わったと思っていたら、昨日から出血してきた??みたい。
でもうっすらとなので、決定的ではないのだが。


ああああ~~
困ったなぁ。


そもそも、ノブのお嫁さんとして小雪を飼い始めたんだけども、交配させることはやっぱりやめようかと思っていたのです。
去年はまだ若かったので交配させてはイカンということで、離しておいたのだが・・・。

家の中で離しているくらいでは全然ダメなのだ。
あの、普段はおっとりしてグデーンっていうキャラのノブが、「ウオオオオオ」と「オスの顔」で小雪を追いかけ、小雪に返り討ちにされ・・・。
それがずーーーっとですから。
2匹はもちろん、なおもストレス満タン。

というわけでペットホテルにどちらかを預けておいたわけ。
だけどこれが結構な費用。
長いときは1ヶ月くらい続く発情期ですから。


で、ノブのオスキャラを見て引いてしまった、未熟な飼い主なおちゃん。
これは本当に交配が成功するまで見守っていられるのだろうか?!
それから、何匹か生まれますが、1匹ももらわれ手がなかった場合、全部ちゃんと飼っていけるのか?

生まれたらもちろん責任もって。と思ってのことでしたが、
ソワソワしたり、イライラしたり、ケンカしたりの2匹を見てると、いっそいつもの状態(発情期がなく)でずっと一緒に仲良くいられるほうがいいのかな。
ノブかわいさのあまり、ノブの子供が欲しかったのだけど、、オスになったノブに引いてるようでは、ワタシがまだまだ出来の悪い飼い主ってことです。

まだまだいろいろ考えたのですが、とにかく交配させないという決断に至るわけです。


となると、手術しなければなぁ。

で、発情が始まっている場合は手術できないので、小雪を診てもらいに病院へ行った。
今回はまだ違ったみたい。

ノブを先に手術すべきか、小雪か。
相談してみた。

小雪が発情しなければノブには全く変化は起きない。
要は、メスの発情によってオスが感化されるわけですから。
小雪はどっちにしてもいつかは手術しなければならない。

ノブはちょっと前に前立腺肥大症気味。と言われたとき、まだどうこうすべきでもないけど、去勢手術をすればすぐ治りますよ、と言われたことがあった。
それにもう7歳。
手術するなら体力のあるうちがよい。

先生とたくさん話して、今回は信長を手術してもらうことにした。



小雪を連れて帰って、変わりにノブを病院へ連れて行くことに。


旦那様は「オトコじゃなくなるんだぁ、お前・・・。」と、ノブが手術することにせつない思いみたいですが、もちろんなおもノブに対して、いや、2匹に対して申し訳ないなというう気もちもある。
でも、やっぱり飼い主の決断は揺れてはいけないのだ!
と思うことにして、いろんな思いはあるけど・・・・。
来週、ノブの手術をお願いすることにしました。



これまで以上に愛情を注いでお世話していくからね!ノブさん~。


んでもって、その帰り、
なおの背中がなんかおかしい。
痛いのだ。




手を回して触ってみると「イタ!!」な、何かアル!
なんか小さいポコっとしたのがあって、でっかいニキビみたいな痛さ。
脂肪のかたまりみたいな直径2cmくらい?そんなの。


斜めがけしてるバッグの紐が当たるのが苦痛。


とりあえずもう時間が遅いので、病院は行けないなぁ。

様子を見てみましょうっと。


なおも病院いくことになったら、2匹に続いて、病院続きだわ~~~。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yasuonobunobu.blog19.fc2.com/tb.php/721-d5e33088

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 なおとグビーリ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。