スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おできはこうなった! 

背中がイタイなおちゃんです。

病院へ行ってきたであります。



まぁオチとしては結局大したことなく終わるんだろうな~。


なーんて思いつつも、
いつも「ほっときゃ治る」ってスタンスの旦那様が珍しく心配そうに言うし・・・・。 でも、

「ハイ、メス!!シャキーン」ってのは言いすぎか?
なーんてニヤニヤしそうになりながら待合室で待つ。

呼ばれました。なおちゃんの番。

「背中にできもの?が出来て痛いんです。」
「どれ、見せて」

看護婦さんがTシャツを上げてくれる。先生はチラっと横目で見た瞬間、
「ああ、フンリュウだね。これは切らなきゃいかんよ」

「・・・・・。えっ」

「前からしこりみたいなのはあったでしょ。」

「ハイ、その通りです。」

「膿みが溜まってるだろうから、それを切開して取るってことで」

「あああ・・・あ・・・」

「でもねこれ、再発しやすいから、また再発したら今度は手術ね」


「・・・・・ほ・・・(ほんとに切るんですか?と言いたい)」


「傷が残るけどしょうがないね」


「ああああぁ、アノ・・・痛いんでしょうね・・・・。」

「ま、痛いでしょ、でも今も痛いんでしょ? 麻酔の時にね、痛いけどね」


「麻酔・・・。」

「その後も痛いけどね。それから消毒しに通ってもらうから。じゃ、あっちのベッド行って」


麻酔と行っても痛いとこ、膿みの溜まったトコへの注射ですから。


「ウウウウッガーーーー!!」
そんで違う方向からまた注射。

「アヒャアア~~!イタ!イダイ・・・」


「我慢。子供じゃないんだから、ねえ。もう痛くないでしょ。」

確かになんか感覚がなくなってきたけど、先生がグリグリ、キリキリやってる感触が・・・・。

「周りの細胞(フクロみたいなのがあるんだと)も出来るだけ取っとくから。残ってると再発しやすいから。」
と、なおの体が揺れるくらいゴリゴリ力入れて先生が何かをしている。


いったいワタシの背中は今どんなことになってるのだ?
・・・・想像するだけでため息と小さくウウウ・・・という声が漏れます。


そして取り出したるものを見たいといってないのに見せてくれた。

「ほら、こんなの。こんなんが取れたからね~」

「アウウウウ~~~」

そしてとてもでっかいガーゼを貼り付けて終了。
横から見ると、
「何か背中がモコっともり上がってますが?」ってくらい目立つではないか。



2008.4.25ガーゼ



「麻酔が切れると痛いんですよね。」

「そりゃあね」

「あの、今日はお酒飲んじゃダメなんでしょうね・・・。」

「まあね、血が出やすいしね。我慢しなさい。飲み会があるのかい?」

「いえ、飲み会じゃないんですけど。毎日の楽しみなんですううう」

「そうか~。ま、今日は止めとくように」

ツライ。痛いのも辛いが、そっちのほうがケッコー辛い・・・・・


そんなおっそろしい治療を、心の準備も無く済ませ、放心状態で帰りました。

痛みに耐えつつ横向いて寝て、今日また病院。
消毒で同じように「オオオオオ!イタ・・・イタィィィ!」
って雄叫びを出してきたのよう~。

そんでもって今日はこれから学校。
横向いたらボコっと膨らむくらいのガーゼは、ペッタンコのに変えてくれた。
よかった~。
あれじゃあ授業中、恥ずかしいもんねぇ。



ささ、痛みに絶えながらお勉強してこようっと。
今日は2級、商業簿記のまとめ講座です。
試験が近づいてくるわ~~!!

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yasuonobunobu.blog19.fc2.com/tb.php/723-4e7bbb03

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 なおとグビーリ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。