スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いたたたたたたた!! 

昨夜、エライこっちゃやってしまいました。

要は転倒ですけどねw

2日ほど義母様が旅行で留守。
「父さんのゴハン、よろしくね。」と言われていたので、出先から帰って17時すぎ、4階のなおのお部屋から出てアタフタと2階のキッチンへ向かおうとした。

4階部屋のドアから引いてる電気コード。これは屋上でBBQをしたときにライトをつけるために引っ張ったものだ。
いつもこれ危ないな、とは思っていたのに・・・・。

玄関からドアを閉め、廊下に出て2歩目。右のサンダルのかかとがコードに引っかかった。
「あ。」と思ったときはもう右足の着地しかない体勢。なのに右足は来ない。

結構な勢いで顔から突っ込みそう!
両手を前に! 出した! つもりが、やや遅かったのか?

右手だけ間に合ったようで、しかもまだ前にまっすぐ(腕立て伏せのように?)は出てない状態で付いた! 
「うがっ!!」
右手一本に全体重がかかって、一瞬、右肩があごに刺さったかと思うくらいググっと入ってきた。
そして、ああ、右手が。ひじが・・・なんか・・・曲がったかも・・・。

そんなことを思ってるときはもうコンクリートの床に倒れて、おなかからの息が止まってるような、でも「ううううううううううううう」
「・・・・・だ、・・・・・だれかぁぁぁぁぁ・・・・」ああああ。
廊下にあったダンボールなんかにあたったのか結構大きな音がしたんだけど、たまたま部屋に居る旦那様とはドアはあるものの、たった2メートルくらいの距離のはず。

とにかく激痛。
手のひらを付いたはずなのに、手首じゃなくて二の腕だけが痛い。手のひらは握力が全くないような感じ。
左手で二の腕部分を押さえながら、起きれない。
そこでよぎった。
小学生の時、人生で一回だけ「骨にヒビ」が入ったときのこと。

ああ、あのときはひじと手首の間だったな。打ってすぐに寒気が来たもんだ。それより痛かったか?
 うーん。とにかく・・・なぜ転んだだけでこんなに痛い思いをしなきゃいかんのだ。うう・・・・。
・・・・・まさか折れてないよね・・・。


こんなとこで骨折ったとしたら、ああ、どうしよう。まずは恥ずかしい。その後は、お酒が飲めないだろうな。困る。ギブスしたらとてもとても不便な生活が始まるのだ。想像しただけでブルーだ。

とにかく早く・・・折れてないと誰か言ってくれ~。
それを聞いて安心したいのだー。

床を這ってドアノブを持ち、這い上がる。 入る。
旦那様がなおの痛がり様に驚く。
「ううううううううううううう・・・」知らない間に涙が出てくる。
転んですぐじゃないのに、どんどん痛くなるのはナゼじゃ!?

アタフタしながら旦那様がなおに状況を尋ね、涙ながらに訴えるなお。
それからタクシーで夜間診療を受けに。義父様も後から現れてくれた。
レントゲン撮影。
なんだか・・・こわい。折れてるような気もしてきた。ああ、どーしよ~。

すると、「骨は大丈夫みたいですよ。」
はぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・・。よかった・・・。 
だけど・・・・。それを聞いても痛いのは治らない。筋が。肉が・・・。
肉離れってこんなもんなのかなぁ・・。
ずーっと腕を伸ばせない。「三角巾しとかないとね」って、大人なのになんか・・・恥ずかしいなぁ・・・。



1日経ちましたが、まだまだカチンコチンの状態で動いていますよ。
ぶっちゃけ・・・。お手洗いに四苦八苦・・・。
お風呂も・・・すごい体勢でなんとか乗り越えた。 
不便だ。 右手1本、折れてなくてもこんなに大変なんだな。
とすると、もし折れてたら・・・もっともっと大変だったんだな。
ゾワーーーー。コワッ。
そうそう、ちょうど旦那様が居たときでよかったってのもある。
一人だとまず電話も打てない、歩くと響くってので、自分で動けるようになるまでに、かなり放置時間があっただろうしな。
不幸中のワイワイだった。サイワイね。


パソコンの文字を打つのは以外と楽。手のひらを置いて、指だけだもんねw
携帯はちょっとツライ。 使ってる筋肉が微妙に違うんだろうな。

犬を抱っこできないので、散歩も行けなかった・・。
いつもは4階から2匹を両脇に抱えて、階段を降りるという高等な動きをしているのだがねw
リードは片手で2本持てるので大丈夫だと思うんだけど、やっぱり何かの時は両手を使うもんだしねぇ。



という、昨日からの、なおちゃんの、痛いだけの、話でゴンした。
痛くて泣いたのは結構久々だ。
子供のころを思い出したね。ははは。
しばらくヘンテコな動きとヘンテコな体勢で、真っ白の三角巾君と仲良く過ごすことになりそうでごじゃる。

改めて、痛くない生活というのは、ありがたいものなんだな。
治ったら、自分に感謝しよう・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://yasuonobunobu.blog19.fc2.com/tb.php/762-afd9c8b0

skin presented by myhurt : BLOG | SKIN

FC2Ad

  
copyright © 2005 なおとグビーリ all rights reserved. Powered by FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。